News, Diamond, Pearl, Color Stone, Brand, Tips
2017.4.25

静岡アンティークジュエリーフェア2017開催(1/4)

静岡アンティークジュエリーフェア2017開催(1/4)

アンティークジュエリーフェア2017開催

場所:LUCIR-K〈ルシルケイ〉

日時:2017年5月 19日(金)20日(土)21日(日)

時間:10:30~19:30

場所:〒420-0852 静岡県静岡市葵区紺屋町1-8

TEL: 054-221-1556

 

毎年恒例のアンティーク・ジュエリー展の時期がやってきました。海外に比べて
ジュエリーとの関わりが浅い日本女性の多くは、アンティーク・ジュエリーが持つ無限の魅力を知りません。
身に着ける楽しさ、宝飾技術、歴史的な背景…
唯一無二の作品を見ていると、そこに纏わる様々なストーリーが思い浮かべられます。
今年も約300点のドキドキときめくアンティーク・ジュエリーが揃いました。
たくさん見て、着けて、感じてください。
運命のアンティーク・ジュエリーに、どうか出逢えますように…

 

今回のアンティーク・ジュエリー展の商品を一部ご紹介します。全てが手作りの1点限りの作品になります。時代背景を思い浮かべながら、運命のジュエリーを見つけてください。

 

珊瑚ブローチ

アンティークジュエリーアンティークジュエリーサンゴブローチ

1860年頃 イタリア

色鮮やかな地中海珊瑚を用い、体の動きに合わせて上品に揺れるように仕立てられたシンプルなブローチです。とても年代の古いものですが、抜群のコンディションを保っています。

 

リガードブローチ

アンティークジュエリー リガードブローチ

1870年頃 イタリア

左からルビーの頭文字のR,エメラルドのE,ガーネットのG,アメシストのA,再びルビーのR,そしてダイヤモンドのDを横一列に並べると「敬意」を意味する
「REGARD」という文字になります。このように宝石の頭文字で愛を綴り、好きな人に贈るラブレターの様な役割を果たしたロマンチックなブローチです。

 

ガーネット 真珠ブローチ

アンティークジュエリー ガーネット真珠ブローチ

1870年頃 イギリス

15金の台座とガーネットの間に銀箔を入れ、入ってくる光の反射光を楽しむ作品です。フォイルバックと呼ばれるこの技法は1850年頃にはなくなってしまったため、今では大変貴重な作品といえます。白い真珠とガーネットのコントラストも素敵なブローチです。

ガーネットブローチ

アンティークジュエリーガーネットブローチ

1870年頃 イギリス

15金と思われる台座に緻密な彫りを施し、中央にはカボションカットされた大きなアルマンダイトガーネットを置き、上下左右に同じ色のガーネットを配したヴィクトリア時代の見事なブローチです。重厚感あふれる見た目とは異なり、非常に軽い作りが特徴のブローチです。

 

ダイヤモンドピアス

アンティークジュエリー ダイヤモンドピアス

1880年頃 イギリス

大きな洋梨型のダイヤモンドを中央に置き、その周囲と上下にローズカットのダイヤモンドをあしらい、揺れるようなデザインに仕立てたピアスです。古いカットのダイヤモンドを使用しているため派手な印象はなく、イヤリングに加工する事も可能です。

 

 

静岡アンティークジュエリーフェア開催はこちら

  1. このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP