Bridal Ring, Diamond, Brand, Tips
2019.2.04

【静岡市】私が貰った歴史の詰まった婚約指輪☆

【静岡市】私が貰った歴史の詰まった婚約指輪☆

先日、大好きな彼にプロポーズされました!

そのときにいただいた『婚約指輪』のダイヤモンドが

今まで見たことのない程のキラキラとした輝き☆

わたしは一気にそのブランドの虜と

なってしまいました!!

わたしのいただいた婚約指輪のブランドは

《モニッケンダム》

恥ずかしながら

その婚約指輪をいただくまでは

そのブランドについて見たことも

聞いたこともありませんでした。

彼が指輪を選びに行ってくれたときに

販売員さんのお話で

モニッケンダムの歴史を聞いて

『これだ!』

と迷わず決めてくれたようです☆

そんなに深い歴史の中に

今もなお、愛され続ける理由が

あるのではないか….と

ジワジワと興味が湧き

わたしも早速調べてみました♪


120余年にわたって培われた経験の結晶


モニッケンダムは、

卓越したカッティング技術を持つ者だけに贈られる

「マスターカッター」の名声を得た

初代のルイ・モニッケンダムが

1890年にダイヤモンドのカッティング社として

設立されたようです。


ブランドの基盤ともなる『イギリス』の歴史の始まり


1914年に、第一次世界大戦が勃発!

アムステルダムにドイツ軍が侵攻してきたことで、

ルイは英国に移住することになったようです。

第一次世界大戦をきっかけに

慣れ親しんだ地を去ることになりましたが、

この移住があったことで、

ルイの名声は英国にて花開くことになったんですって!!

この頃からモニッケンダムのダイヤモンドは

高品質の代名詞として英国のダイヤモンド産業の発展に

大きく寄与したんだとか☆


『原石に命を与える』・・・そして世界へ


2代目、アルバート・モニッケンダムは、

ルイの高い技術と思いを受け継ぎました。

アルバートは、

原石をカッティングにより光り輝かせることを

「原石に命を与える」と表現しました♪

カッティング技術の向上を図るとともに、

後世へ受け継ぐため

多くの優秀なカッターを育てあげました。

世界展開にも尽力し、

ニューヨークに支店を立ち上げ

世界へ羽ばたくことになったようです☆


ダイヤモンドの評価基準を整備


いまや、ダイヤモンドを選ぶ基準として

4C〈カット・カラー・クラリティ・カラット〉は

欠かせないものとなっております。

それらを

世界に先駆けて行ったのが

『モニッケンダム』だそうです♪

カラーはアルファベットの「A」から、

クラリティは数字の「1」から、

明確な基準で表示しました。

現在、

カラーグレードが「D」から始まっているのは、

モニッケンダムによる「A」から始まる

グレードへの敬意からだと

言われているそうですよ☆

知れば知るほど

本当に良いものをいただけたことに

感謝です♡

歴史や伝統に弱いわたしには

ピッタリの

『モニッケンダム』♪

友達にも自慢しちゃいます!!!

そんな素敵な婚約指輪に

導いてくれたお店はこちらのようです▽▽▽▽

総合パンフレチEƒˆ-MAP-店èE紹仁EP

〒420-0852
静岡市葵区紺屋町1-8
TEL:054-221-1556
営業時間:10:30~19:30
定休日:第2・第3水曜日

高品質で高級感溢れるモニッケンダムの結婚指輪を探す☆

  1. このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP