Pearl
2019.1.08

【静岡市】真冬はあこや真珠が一番美しく輝く季節。

【静岡市】真冬はあこや真珠が一番美しく輝く季節。

あこや真珠には【旬】がある

冠婚葬祭といった大切なシーンに、必ず必要になるあこや真珠のネックレス。

大人の女性のマナーとして。

成人のお祝いの品として。

ご結婚を機にあつらえる花嫁真珠として。

ご購入されるタイミングは様々ですが、「一番美しい真珠が取れる時期」にご購入されるのはいかがですか?

真冬は大切な【化粧巻き】の時期

真珠は365日休み無く、職人の手によって育てられています。

真珠は、まず稚貝(幼い小さな貝)養殖から始まります。

時期は3月~6月、採苗した稚貝を専用の水槽で15日~25日間飼育します。1~1.5mmの大きさに成長。

成長した稚貝を2年かけて母貝へと育てます。

そして健康な母貝に育てるため、成長過程で付着するフジツボなどの付着物の掃除などを丁寧に繰り返していきます。

 

2年経ち、健康に育てられた母貝に真珠の素になる核入れを行います。

真珠の芯となる核を母貝に入れる作業は、春から夏にかけておこなわれ、高度な技術を要する核入れは、熟練の職人がひとつひとつ手作業で行います。核を入れた母貝はそれを包む真珠袋を形成していきます。

核入れ手術を行った真珠貝は「沖出し」を行い、当年物なら7ヵ月から9ヵ月。越し物ならば15ヵ月から22ヵ月の間、海の中で美しい真珠を育んでいきます。

 

海水温が下がる(13℃以下)12~1月時期。沖出ししていた貝を引き揚げ真珠を取り出します。

育った真珠を収穫する「浜揚げ」。この時期は真珠の表面光沢が最も良い時期です。

きめの細かい真珠層が作られ、美しい色・テリの生まれる、真珠にとってとても大切な時期です。

 

静岡の真珠専門店LUCIR-Kでは、厳選した国産のあこや真珠を取り扱っています。

長年の経験を積んだ真珠の専門スタッフが、真珠の養殖場から直接仕入れを行い、本当に鮮度のいい真珠をご用意しています。

2019年1月11日~13日 宇和島真珠展 開催

静岡の真珠専門店 LUCIR-K


ヘ LUCIR-K

〒420-0852
静岡市葵区紺屋町1-8
TEL:054-221-1556
FAX:054-221-1557
営業時間:10:30~19:30
定休日:第2・第3水曜日
アクセス:静岡駅北口から徒歩5分

2019年1月11日~13日 宇和島真珠展

  1. このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP