女性のためのジュエリーサイト
Jewelry Story

【石川県小松市イオンモール】真珠ネックレスを「贈る」「使う」タイミングって?おすすめシーンをご紹介

【石川県小松市イオンモール】真珠ネックレスを「贈る」「使う」タイミングって?おすすめシーンをご紹介

 

真珠は日本で取れる希少な宝石の一つ。

冠婚葬祭で使うことができることはもちろん、

フォーマルな場からカジュアルな場まで、

コーディネートがしやすく

身近なジュエリーの真珠ネックレス。

日本では、古来より真珠にまつわる

言い伝えが数多く存在しているんです!

また、結納や成人などの女性の必術品として

お祝い行事で贈られてきました。

今回は意外と知られていない、

真珠ネックレスを

「使う」「贈る」タイミングご紹介いたします!

 

19歳厄年、20歳の成人式に。

 

 

厄除として古くから

長いもの・虹色のもの・鱗柄のもの

を身につけると良いとされています。

特に女性の厄年は19歳で迎えることから

厄除として真珠のネックレスを贈る風習があります。

真珠ネックレスを成人式のお祝いとしてあげるのは

どんな式場にお呼ばれしても大丈夫なよう準備しておく

という意味も込められているからです。

 

結婚式

 

 

真珠は切れ目のない円から「縁を結ぶ」と言われ、

とても縁起の良い宝石とされてきました。

また宝石言葉は「純真無垢」

白無垢やドレスを纏う花嫁は、

真珠が持つ宝石言葉と重なります。

たくさんの人の愛情を持って誕生する真珠は

まるでお嫁に出す親御様の気持ちそのもの。

 

卒業式・入学式

 

 

卒園卒業式、入園入学式は、

お子様の成長がとても嬉しく感じられる行事。

昼間の時間帯に行われる式典などでは

キラキラとしたジュエリーで

ゴージャス感を演出するのはNG。

真珠であればフォーマルな場でも大活躍!

 

お葬式

 

 

真珠は「月の涙」と言われ、涙の象徴とされています。

和装から洋装に時代とともに変化し

洋装のマナーが取り入れられるように。

洋装では、ジュエリーを着けてるのがマナーといわれており

真珠は悲しみの涙を表し故人や

遺族への敬意の表現とされています。

 


 

いかがでしたか?

真珠ネックレスを使うタイミングはたくさんありますが、

そのシーンによって意味合いが変わってきます。

大人になると必要な場面が多くありますので

20歳の誕生日やご結婚のタイミングで

購入するのがベストとされています。

ご紹介してきたシーンで真珠ネックレスを活用してくださいね。

小松市で真珠ネックレスを探すならこちらのお店へ!

 

 

TAKEUCHIイオンモール新小松店
923-8565 石川県小松市清六町315
TEL 0761-58-1230
OPEN 10:00 ~ 21:00
Instagram-インスタグラムはこちら

 

【石川県小松市イオンモール】真珠のご相談はこちらのお店へ!

この記事に関するキーワード

一覧へ戻る

Recommend