女性のためのジュエリーサイト
Jewelry Story

【浜松市】婚約指輪の主役ダイヤモンドの『4C』とは?

【浜松市】婚約指輪の主役ダイヤモンドの『4C』とは?

二人にとってかけがえのない贈り物である婚約指輪は、お互いが満足するものを選びたいはず。そのためにも主役とも言えるダイヤモンド選びが欠かせませんよね。今回はダイヤモンドを選ぶ際に、知っておきたい品質のグレードやその評価基準となる“4C”についてご紹介いたします。

 

4Cとは?

ダイヤモンドには、「4C」と呼ばれる世界共通の評価基準があります。Carat カラット、Color カラー、Clarity クラリティ、Cut カットの頭文字から名付けられています。それぞれの要素から、自分が「ここはこだわりたい」と思えるポイントを決めてダイヤモンドを選ぶとスムーズに決めやすいでしょう。

 

Carat(カラット)

ダイヤモンドカラット
大きさで印象が大きく変わります。

大きさを表す単位と思われがちですが、実はダイヤモンドの重さを表す単位です。見た目の違いが一番分かりやすい要素と言えます。婚約記念品に使われる一般的な大きさは0.2~0.3ctですが、華やかでキラキラしたアイテムが好きな方には、0.4~0.5ct位の大きさが好まれている様です。

 

▽ダイヤモンドは大きい方がいい?体験談

 

Color(カラー)

ダイヤモンドカラー
ダイヤモンドだからアルファベットの「D」から始まるとも言われています。

ダイヤモンドは無色透明であればあるほど希少性が高くなります。アルファベットの23段階で分かれており、無色透明のDカラーから始まり、Zカラーに近づくにつれて黄色味を帯びていきます。新たなスタートの証となる婚約指輪として選ぶのであれば「Iカラー以上」がおすすめです。

 

▽プロポーズダイヤを婚約記念品に

 

Clarity(クラリティ)

ダイヤモンドクラリティ
せっかくの婚約指輪、少しの内包物だけでも、光の反射の仕方が変わってきます。

4Cの中で最も目視で判別しにくいのがクラリティです。ダイヤモンドの内包物や傷などで評価されます。最高グレードのFL(フローレス)、IF(インターナリーフローレス)から始まりI3までの11段階で評価されています。肉眼で発見できるのはSIクラスからなので婚約指輪にセッティングするのはVSクラス以上がおすすめです。

 

▽ダイヤモンドをネットで買わない方がいい?その理由とは

 

Cut(カット)

ダイヤモンドカット
研磨師がいるからこそ、ダイヤモンドは美しく輝きます。

唯一、人の手が加えられ評価される項目です。ダイヤモンドの採掘後、人の手によってカット・研磨されることでキラキラと輝きます。ダイヤモンドに注がれた光をどれだけ反射させ輝かせられるかによって評価は大きく変わってきます。ダイヤモンドを主役としている婚約指輪にはVerygood以上のダイヤモンドをおすすめします。

 

H&C(ハート&キューピット)

ダイヤモンド最高グレード
H&Cで彼女のハートを射抜きましょう!

Excellentの中でも「シンメトリー(対称性)」「プロポーション(全体のバランス)」「ポリッシュ(研磨の良し悪し)」のが良いものは3EXと呼ばれ、さらにスコープで覗くと表側が「8本の矢」、裏側に「8個のハート」が浮かび上がったものをH&Cと呼んでいます。最高評価のものは「3EX H&C」と呼ばれています。肉眼では、確認できませんが一度スコープで覗いてみると

 

▽世界三大カッターズが施すダイヤモンド

 


世界で一番硬い鉱物であるダイヤモンドを贈ることは男性から女性へ結婚に対する固い決意を示すという意味を持ちます。そんなダイヤモンドにはさまざまな評価基準があり、選ぶ際には事前に知っておきたい知識ばかりではないでしょうか。実際にダイヤモンドの見比べると分かりやすいので、一度ブライダルジュエリー専門店へ立ち寄ってみて下さいね。

 

▽ブライダルジュエリー専門店のLUCIR-K BRIDAL浜松

 

LUCIR-K GROUP公式アプリケーション

L-squについて

 

この記事に関するキーワード

一覧へ戻る

Recommend