女性のためのジュエリーサイト
Jewelry Story

【山形市】婚約指輪は本当に必要?素朴な疑問を解決

【山形市】婚約指輪は本当に必要?素朴な疑問を解決

いざプロポーズをするときに思い浮かぶのが「婚約指輪」。用意するとしても、本当に必要なのでしょうか?「今後先使わないのであれば必要ないのでは?」と感じる人もいます。ここでは、婚約指輪は必要なのか、渡した後の着用シーンなどに着目して解説します。これからプロポーズを考えている方は、参考にしてみて下さい。

▽おすすめ記事

 

婚約指輪って本当に必要?

婚約指輪は男性の覚悟の証です

言葉や気持ちを「形」として表すことにより、結婚をより強固なものに。

現在、プロポーズ後の挨拶や顔合わせを簡略化する人が増えてきた分、視覚的に決意が伝わる婚約指輪はより重要性を帯びてきました。お互いの両親も指輪を見て、ふたりなら大丈夫と安心することができます。金額は問わず、ぜひ形として強い決意を表しましょう。

▽おすすめ記事

 

いつ着けるの?

結婚指輪との重ね着けを楽しむことができます。

婚約期間中は婚約指輪を左手薬指に身につけ、結婚指輪を購入してからは2本を重ねてつけることが多くなります。婚約指輪と結婚指輪を重ねることを前提で考えられた「セットリング」があるため参考にしてみましょう。コーディネートのバリエーションとしては、結婚指輪を左手薬指、婚約指輪を右手の薬指に着け、両手を華やかにする人も。コーディネートは様々なので自分の思うがままに楽しむことができます。

▽おすすめ記事

 

入籍後の使い道は?

婚約指輪は深い意味を持つもの。将来、多くの場面で活躍する機会があります。

友人の御結婚式や、子どもが誕生したら入園式・卒園式など婚約指輪は入籍後も様々なシーンで必要となります。想いをカタチに残すことで、手元を見るたびに二人の気持ちが再確認できる特別なジュエリーなのです。

プロポーズの際に婚約指輪を渡そうか悩んでいる男性、または必要ないからと遠慮している女性はぜひこの機会にぜひ用意してみてください。

▽おすすめ記事

 

山形で婚約指輪を探そう

ヴェルティー山形店

山形市鉄砲町にあるヴェルティー山形店は県内最大級の品揃え。50ブランド2000本以上のリングを取り扱っております。充実したアフターサービスも魅力!指輪のサイズ直しや仕上げ直しをはじめ、定期的にメンテナンスし、常におふたりの指輪をベストな状態で快適に綺麗に末永くご愛用いただけますよう、私たちがしっかりとサポートさせていただきます。高品質で末永く使えるおふたりにピッタリの指輪がきっとみつかります。

 

▽来店予約はこちら

ヴェルティー山形店

〒990‐2492

山形県山形市鉄砲町2丁目20‐20

TEL:023‐625‐5151

無料駐車場完備

 

▽お客様の声はこちら

▽ヴェルティーの「永久保証」って?

この記事に関するキーワード

一覧へ戻る

Recommend