Bridal, Reform, Tips
2017.11.17

270

母から娘へ、花嫁へ「宝石」を受け継ぐ。ヨーロッパに古くから伝わる習慣「ビジュ ド ファミーユ」♡

母から娘へ、花嫁へ「宝石」を受け継ぐ。ヨーロッパに古くから伝わる習慣「ビジュ ド ファミーユ」♡

家族の想いを、宝石を通じて受け継ぐ“ビジュ・ド・ファミーユ”

bijou de famille(ビジュ ド ファミーユ)」。

フランス語で「家族の宝石」という意味。

祖母から母へ。母から娘へ、あるいは、花嫁へ。

家族の「愛の証」として一生ものの

ビジュ(宝石)を、世代を超えて

受け継いでいく、ヨーロッパでは

古くから伝わる習慣です。ひとりひとりの命は

限りあるものですが、宝石の輝きは永遠。

家族の愛が、宝石の輝きのように永久に

続いていくようにと想いが込められています。

 

例えばイギリスでは、キャサリン妃がダイアナ妃の

サファイアを婚約指輪に受け継いだ、

というエピソードがあります。

ジュエリーは、母から娘へ、そして孫へと受け継がれていくもの。

祖母から母へ。母から娘へ、あるいは、花嫁へ

大切なジュエリーを譲っていける喜びは

きっと何にも代えがたい・・・

ジュエリーのリフォーム例をご紹介

ジュエリーのリフォーム依頼で多いのが、

【婚約指輪のリフォーム】。

ご主人から贈られた婚約指輪を、デザインを

変えてご自身で身に着ける方や、

ご結婚が決まった娘様、

お孫様に譲られる方など。

ご相談をいただく事が多いですね。

古い婚約指輪

以前の王道デザインだった、

立て爪のしっかりとしたタイプの婚約指輪。

こちらのデザインが・・・↓↓↓

140708アグローヴrgb027

このような人気のデザインに♡

また↓↓↓

5e9336502e85b1c3f037fcd6861d344f

こんな素敵なネックレスにすることも♡

bijou de famille(ビジュ ド ファミーユ)」♡

譲る受けられたジュエリーを、

ふたりの想いものせて、

新たに輝かせてみてはいかがですか?

 

ジュエリーリフォームのご相談はLUCIR-k

  1. このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP